Yokohama Nurseロゴマーク

横浜市立病院看護部理念



看護への情熱を支え続ける場所でありたい

「あなたが担当でいてくれて良かった…」
そんな風に患者さんから声をかけていただけたら、それは「信頼される看護」を提供できたあなたへの何よりの勲章です。

これからあなたが看護のプロとして、患者さんの心に寄り添い、質の高い看護サービスを提供していくことが、質の高い最適な医療サービスの提供へとつながっていきます。

そのためには、ナースとしてのクオリティを日々高め、「信頼の看護」を提供し続けられるよう、看護師のみなさんが"働きやすく""働きがいのある"環境づくりが大切。
だからこそ横浜市は、次の〈3つの充実〉を約束します。
看護師として「安心して学ぶ」「安心して成長する」「安心して続ける」ことを。

「市民病院」と「脳卒中・神経脊椎センター」、2つの横浜市立病院を活躍のステージにあなたが抱く看護への想いを実現してください。


市立市民病院
横浜市立市民病院キャッチ
横浜市立市民病院は、地域の基幹病院として急性期病院という役割を担っている総合病院です。33診療科とがん検診センターを併設しています。

看護部理念 である「私たちは健康のあらゆるレベルの患者さんに、真心と思いやりをこめた安全な看護を提供します」を実践するために、豊富な研修プログラムを準備しています。

特に 新人看護師の育成に力を入れています。院内リソースも豊富で、専門看護師、各領域の認定看護師がいますので、いつでも相談できます。

各部署では先輩ナースが公私にわたり指導してくれます。新病院開設の準備も始まりました。未来に向けて、共に学び、共に成長できる職場環境を一緒につくりましょう。

img

庄司 邦枝
横浜市立市民病院
副病院長 兼 看護部長


▲ページTOP 


脳卒中・神経脊椎センター
患者さんの生活を支える看護を提供します
「私たちは確かな知識・技術と懸命な心で看護を実践し、患者さんの自立を支援し、生活の質を高めていきます。」という看護部理念に沿って、急性期から 回復期までそれぞれのステージで、患者さんがその人らしく過ごせるような看護を実践しています。

看護部だけではなく、医師、リハビリテーション部をはじめ、他部門との連携は、まさに当院だからこそのチーム医療だと自負しています。

入院患者さんの患者満足度調査で は、「満足」度が高い結果で推移しており、ミニコンサートや折々のイベントも、入院中のホッとできる時間になっているかもしれません。医療はもちろん、退院後の生活や 病気の予防にも取り組んでいます。

img

佐竹 信子
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
副病院長 兼 看護部長


▲トップに戻る


(c) City of Yokohama